作用が異なるにきび外用薬


手軽にできるにきび対策というのはいくつもありますが、原点に戻れば
薬による治療ですよね。にきびは皮膚の症状ですから、基本的には外用薬を
用います。外用薬というのは飲み薬以外、例えば塗り薬等の事です。

にきびの外用薬は予防というよりも、症状が表れた直後の処置として
使用します。直後というのが効果的で、にきびがあまり進行しすぎていると
治りは遅くなります。単に相性が悪いから効き目が悪い、という場合も
ありますが。

そもそも、世にいくつもあるにきびの外用薬というのは、にきびを治すという
最終目標こそ同じですが、含有成分・治療のプロセスはそれぞれ異なります。
抗菌重視の薬もあれば、脱脂を促す作用の薬もあります。ですから、ある人には
合っていた薬が、必ずしも自分にも合うとは限らないわけですね。もし
にきびの外用薬を使って効き目が悪ければ、他の薬も検討してみましょう。